バイク用の日焼け予防上着を新調。

2017.7.29 21:11 Posted by Kazuo カテゴリ: Vespa GTS250ie

バイクは生身で乗る乗り物なので、転倒したときのダメージが大きい。そこで、長袖長ズボン、くるぶしまであるシューズ、グローブを着用すべしと教習所でも教えられます。

私も16歳からバイクに乗り始めて以来、夏でもできるだけ長袖の上着とグローブを着用して乗るようにしています。

特に、仕事を始めてからは、手指をケガしてタイピングができなくなると致命的なので、グローブは必ず。けれど、夏は暑いからといって上着をサボると、すぐに「手袋焼け(腕だけ焼けて手が白い)」になってしまいます。

手袋焼けは避けたい、でも暑い、しかし手袋は外せない。というわけで、できるだけ薄手で涼しい上着を求めてユニクロへ。

ドライ素材のものもあったのですが、試着してみるとやや暑い。次に、新発売の「ポケッタブルパーカー」を着てみると、こちらはドライともエアリズムとも謳われていないものの、比較的涼しく、何より薄くて軽い。

というわけで、「ポケッタブルパーカー」にしました。色は赤。ライダーたるもの、目立つことも事故予防の一環ですからね。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment