おいしい水。

2005.9.22 2:13 Posted by Kazuo カテゴリ: 日記

今年の6月頃から密かにマイブームな「クリスタルカイザー スパークリング レモン」というミネラルウォーター。名前から察しがつくように、レモン風味の炭酸水です。

これが、なんとも言えずおいしい。ただの炭酸水は重曹っぽい臭いがして単品ではなかなか飲めませんが、レモンの香りとさわやかにはじける炭酸が抜群に良いです。

ところが、この商品、巷でも大人気らしく、販売元の大塚ベバレジでは生産が追いつかずに出荷を一時的に停止していた時期もあったそうです。

その情報を今日の昼間に見て、いつも買いに行っていたソニープラザに行ってみると、ない!売り切れ!なんてこったい。時代を先取りしたようでちょっと嬉しくもありますが、売れすぎると困るなぁ。。。

機会があればぜひお試しください。ワタクシは通販で箱買いしそうな勢いです。

 

プレ快気祝い。

2005.9.21 2:25 Posted by Kazuo カテゴリ: 日記

ワタクシではありません。ワタクシの父の話です。

退院したらこの話をしようと思っていて、ついにその日が来たので書いてみます。

実は、ワタクシの父親は数年前突然、「急性膵炎」という病気に襲われました。本来、食べたものを消化するために分泌される膵液が、何らかの原因で膵臓自身を溶かしてしまうという、見るからに(見えませんが)痛そうな病気。ここ数年で数回の発作の中で、ワタクシも1度だけ病院に連れて行ったことがありますが、CT室の外まで漏れる父親の声を聞く限り、その痛みは想像を絶するものだったようです。

初回、2回目、3回目と入院の回を重ねるごとに入院期間自体は短く、痛みのピークも低くなりました。息子としても、この病気とは付き合って行くしかないんだろうな、でも最近は発作出ないな、と思っていた矢先、腹部の違和感を訴える父親。なんでも、もう発作が来る前にはなんとなく雰囲気がわかるんだそうです。

そして、今回の入院。最初は某病院にお世話になりましたが、どうも膵炎については専門的でないらしく(仕方のないことです。一般的な病気ではないので)、悪くはならないものの劇的に良くなるわけでもなく、という2ヶ月を過ごした後、大学病院へと転院させてもらうことになりました。

大学病院では、さすが膵臓を始めとした消化器を専門に扱う外科チームがあって、専門的な検査をしてもらうことができました。
そこで提案されたのが、膵管にできた石を取り除く、という手術。ただし、膵臓というのは厄介な場所で厄介な作りをしていて、一筋縄ではいかないようです。あれをこうして、これをあーして、と、医学の世界にいないワタクシにとっては、手品のような手術。不安を覚えないと言えば嘘です。

しかし、これまで数年の間痛みと付き合ってきたのが、これでよくなるのなら、と担当の先生にすべてを任せるという父親。本人がそういうのなら、それに任せる。それが永田家のB型人間(我が家はO型の父親を除いてみんなB型)。

ところが、手術の数日前になって、担当の先生から、「内視鏡でもうまくいきそうだから、やってみましょう」とのこと。正直、ほっとしました。

内視鏡手術は無事成功。石の7割を除去し、19日に退院となりました。残りの3割は1ヶ月後に再び内視鏡で除去する予定。なので「プレ快気祝い」。

対処療法ではなく、本人もすっきりした形で治療をしてもらえてよかった。1つめの病院でふさぎ込んでいたのが嘘のように、今は落ち着いた表情を見せています。

入院していた3ヶ月の間、2~3日に1度見舞いに通うことで、家にいるときより父子の会話が増えたというのは、皮肉な話。けど、本人は3ヶ月ものベッド生活は長かっただろうけど、息子はちょっとだけ幸せな気分になれた。父親は63歳。息子ももう29歳。これからも、向き合って話せる時間を持てたらいいな、と思う。

だけど、病室はしばらくいいや。病気と闘った父も、毎日病院に通った母も、今は少し休んで、これから人生を健康に過ごして欲しい。

いつも笑顔と気遣いをくれたルミにも感謝。

 

リモートコントロール。

2004.8.19 13:55 Posted by Kazuo カテゴリ: S-MX

クルマの話題が多くてすみません。

ワタクシが車を運転しているとき、欠かせないのは、音楽。少しでも(自分にとって)いい音で聴くために、自分なりにいろいろと機材を揃えていますが、音とは直接関係はない、けどものすごく重要なのが、このロータリーコマンダーです。

運転しながらカーオーディオの前面を見て操作する、という作業は、同時に2つのことをするのが苦手なワタクシのみならず、地味に煩雑な物。「えーっと、どのボタンを押せば、、、」なんて探してるうちに、時速60kmのクルマは1秒で16mも進んでしまいます。危ないですね。テレビみたいな普通のリモコンが付いたカーオーディオもありますが、あれも「リモコンどこだっけ?」と探してしまえば同じこと。

SONY独創の「ロータリーコマンダー」は、クルマのハンドルコラムに取り付けて、ワイパーなどのスイッチと同様にカーオーディオを操作するもの。これだと、ボタンの位置を覚えてしまえば、前方から視線をそらさずに済むワケです。超便利。

こないだまでは、SONY WX-C60MDに付いてきたRM-X4Sというワイヤードのタイプを使っていたのですが、WX-C60MDがR美のクルマに嫁いだので、ワイヤードはそちらに譲って、新しくワイヤレスのRM-X6Sを取り付けてみました。取り付け位置は敢えて右側。

IMG_8986.JPGカメラ不明。CONTAX U4R?

○な所は、RM-X4Sに比べて長さが短いので、他の操作の邪魔になりにくいこと。

×な所は、「SOUND」「DISPLAY」といったボタンが省略されてしまっていること。これは下調べ不足でした。けど、たしかにSOUNDとかDISPLAYは使用頻度が低い機能なので、おおむね良好です。

ところで、もうすぐ誕生日なのですが、今年もR美からちょっと早めの誕生日プレゼントをもらいました。ありがとう。

これは個人的にものすごくお気に入りなのです。誕生日がすぎたら改めてご紹介します。

ヤフオクで1200円。

 

古くてもいいものはいい。

2001.11.2 23:00 Posted by Kazuo カテゴリ: 日記

またまた書いてるのは11月6日。

ま、毎年のことですが、今ごろ扇風機を片づけました。この扇風機を買ったのは、おそらく15年以上前。その後、我が家でも何台か扇風機買いましたが、明らかにこいつが一番長持ちで頑丈。スイッチがしっかりした機械式なので、足指で操作するワタクシには最適なんです(←手でやれよ)。最近の扇風機って、安いのはいいですけど、ぜーんぶプラスチックでどうも作りが弱いんですよね。

昔の電気製品って、今のものより全然長持ちしてませんでした?我が家でも、17年前に買ったSHARPのテレビもバッチリ映るし、それより何年も前に買ったSONYのラジカセだって今でもいい音鳴らしてます。

リサイクル率○○%とか言われてますが、もっと頑丈で壊れずに長持ちする製品作りをしてほしいですねぇ。そしたら、多少高くても買うから、物価の下落も抑えられるのでは?

ちなみにストーブも5月まで出してました。

 

過去エントリのテスト。

1999.11.20 19:30 Posted by Kazuo カテゴリ: 日記

テストです。

 

100 / 100« 先頭...102030...96979899100