“書く”ためのアプリとして「Notebooks」を使い始めました。

2014.4.2 5:19 Posted by Kazuo カテゴリ: iPhone,Mac,日記

FacebookでもTwitterでもなく、プライベートな日記を書き残したい、と思ったのがきっかけでした。

肌身離さず持ち歩かれることが多いスマートフォン。思いついた時にいつでもどこでも使える、という特性から、数多くの日記アプリがリリースされています。

私が気にしたのは、紙と同じように、数十年後でもちゃんと読めるかどうか。

日記とは、ごく私的な文書であるにも関わらず、始めた瞬間から誰かに読まれることを意識しながら書くことになる、不思議なものです。

子らが大人になったときに読んでほしい、というほど立派な中身ではありませんが、まぁ、そういうことです。

いわゆるライフログ系のアプリの多くは、独自の形式でデータを保存しています。つまり、他のアプリでは読めない。

3GからiPhoneを使い続けてきて、開発が止まってしまったアプリを数多目にしてきました。せっかく書いた日記、未来永劫読めるものであってほしい。

記録系の代表格として挙げられるEvernoteだって、いつ終わるかわからない。

ここまで考えた結果、

  1. サービスの終了に影響されないよう「ファイルとして」保存していくこと
  2. その形式は、写真を含められるRTFかHTMLであること

としておけば、読めなくなる可能性は低いだろうと結論づけました。

この条件に合致するアプリを探し、選んだのが「Notebooks」です。

Notebooks – The only notebook app you need on iPad, iPhone, Mac or PC

Dropboxを介して同期することで、MacからもiPhoneからも同じファイルを開き、続きを書くことができます。

 

Evernote、便利。

2012.11.14 6:43 Posted by Kazuo カテゴリ: iPhone,Mac,RICOH GR DIGITAL 3

最近、Evernoteが自分の中で(ようやく)定番アプリになってきました。

“すべてを記憶する | Evernote”

iPhoneが普及し始めた頃からある老舗アプリですが、当初はアプリが不安定でどうも使う気にならなかったのです。

最近のバージョンは安定していて、自前の授業書はEvernoteで作るようになりました。パソコンで入力、作成して、教室に持って行ったiPad miniで見ながら授業を行う、という感じです。

iPadがminiになって、片手でも負担なく持てる軽さになったのも大きいですね。

最近は授業中のメモをスマホでEvernoteに取る学生さんも見かけるようになりました。普通高校では携帯電話持ち込みすら禁止のところも多いので、高専ならではですね…スバラシイ。

R1008693.JPGRICOH GR DIGITAL 3

 

WiMAX モバイルWi-Fiルーターを買ってみました。

2012.6.10 21:43 Posted by Kazuo カテゴリ: iPhone,Mac,RICOH GXR A12 50mm

R1006827.JPGRICOH GXR A12 50mm

少し前の日記で、出張時のモバイルインターネット(大げさ)について、

  1. 移動中は「つながる」iPhone。
  2. 滞在先では「移動オフィス」MacBook Air。
  3. 用務先では、プレゼンにはMacBook Air、会議にはiPad。

と書きました。その後、「月額契約じゃなくて使いたいときだけ使える方法はないのかな?」と思って調べたら、WiMAXに行き着きました。

モバイルWi-Fiルーター

WiMAXは、基本的にはNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、e-mobileなどと同じ移動通信事業者。つまり、携帯電話屋さん。

でも、WiMAXでは「携帯電話」の取扱いはありません。販売されている商品は、すべて「モバイルWi-Fiルーター」。携帯電話の電波を受けて、インターネットにつないで、それを無線LANで身の回りにばらまいてくれる装置です。

各社から「モバイルWi-Fiルーター」が発売されていますが、どれも月々の契約が必要なもの。スマートフォンのインターネットし放題のプランと同じぐらいの料金が生じます。大ざっぱに言うと、既にスマホを持っている人は、月々の携帯電話料金が倍に(各社セット割引などあります)。毎日のようにパソコンでモバイルインターネットを使うわけではないので、正直、躊躇してしまいます。

使いたいときだけ使いたい

調べてみると、WiMAXだけは「1 day」というプランがあるのを見つけました。毎月の基本料は無料。「使いたい!」と思ったら、そこから24時間 600円で使える、というものです。

たとえば、2泊3日の出張で、初日の昼から3日目の昼まで現地でネットを使いたい、と思うと、72時間ですから料金は1,200円。年に数回の出張がある程度の私には、ちょうどいいと思いました。

必要なものは、ルーター本体とクレジットカード

「じゃ、少し勉強してみよう」というわけで、新品のルーターではなく1年前のモデル NEC WR3500R とクレードルのセットをオークションで入手しました。両方で5,800円。勉強だと思えば出してもいい金額かな、と。

届いてすぐにしたことは、契約。詳しい手順は取扱説明書に譲りますが、要約すると、

  1. WiMAXの電波が届く場所に行く
  2. WR3500Rの無線LANにパソコンやスマホで接続する
  3. そのパソコンやスマホから、どこでもいいのでウェブサイトにアクセスする(yahoo.co.jpとかgoogle.co.jpとかでOK)
  4. 自動的にWiMAXの契約用サイトにつながるので、指示に従って契約する業者(私はUQ WiMAX)を選び、契約に必要な事項とクレジットカードの情報などを入力する

という感じです。

ほどなく、登録したメールアドレスに契約完了の通知メールが届き、利用が可能になります。

使うときは?

契約のときと流れは似ています。WR3500Rの無線LANにパソコンやスマホから接続し、どこかのサイトにアクセスしようとすると「今から1日、使う?」という画面に転送されるので、そこで利用時間の購入を行えば、それから24時間だけ利用可能になります。

早速、先日の東京出張で使ってみましたので、実際の使用感は改めて書こうと思います。

 

出張にノートパソコンは必要か?

2012.5.23 22:16 Posted by Kazuo カテゴリ: iPhone,Mac,教員生活,道具

ここ数年、1年に数回は国内/海外出張に行くようになってきたので、出張に持って行く端末について、考えてみました。

モバイルインターネット環境の変遷(私の)

会社員時代、サーバー管理などをしていた私は、PowerBook 2400c、PHS、そしてPHS用の通信カードを、どこに行くにでも持ち歩いていました。32kbpsという遅いスピードでも、外出先でインターネットを使えるというのはとても重宝しました。

退職して大学に入り、PHSからiモード携帯に買い替えました。iモードサイトよりも着メロよりも、(キャリア付与アドレスとはいえ)携帯で電子メールを使える、そこに感銘を受けました。

結婚して、iモード携帯からiPhoneに買い替え、今に至ります。会社員時代(およそ15年前)にPowerBookでしていた大半のことは、iPhoneひとつでできるようになりました。

今も昔も、回線を増やさずに、いつでもつながる1つのデバイスを使いたい、というのが私のスタイルのようです。

出張中も「いつもつながる」ことが最も重要

大学院生の頃は、出張=学会発表だったので、プレゼンをするためにMacBookを持参することは必須でした。でも、MacBookをインターネットにつなぐための手段は持っておらず、よくホテルから近くのマクドナルドに通っていました。(当時は自宅がYahoo!BB回線だったので、mobilepointが無料で使えたのです)

今の仕事に就いてからは、インターネット回線完備のホテルが増えたこともあり、マクドナルドに出向く必要はなくなりました。けど、Macでインターネットを使えるのはホテルの部屋でだけ。

今までの出張で、一番活躍したと感じられるのは、「いつもつながる」iPhoneです。外出先でMacからできるレベルのことは、iPhoneでもできるようになりました。「現在進行中」のファイルは普段からDropboxに入れてあり、その中でも外出先で要りそうなものはiPhoneの中にコピーしてあるので、いつでも見られます。

出張道具の筆頭に挙げるならば、やはりiPhoneになります。

では、ノートパソコンは必要か?

自分でプレゼンをするのであれば、「Yes」です。

プレゼンの表現力はiPadよりMacの方が上だと思います。作ったソフトウェアのデモにMacが必須なこともあります。

発表者用には電源が提供される場合がほとんどなので、バッテリーが小さめのMacBook Airでも問題ありません。

滞在が2泊以上なら、やはり「Yes」です。

長期滞在になるならば、ホテルを「移動オフィス」にして職場からメールで送られて来るキューに対応できるように、MacBookを持って行きます。この場合も、部屋には電源があるのでバッテリーが小さめのMacBook Airでも十分。

会議参加で資料閲覧が多いのであれば、iPadを持って行きます。

早朝から夕方まで続く研修会、電源が確保できない会場。よくあるシチュエーションです。資料閲覧が主なら、バッテリーの持ち時間が長いiPadを選択します。

結局は適材適所。

まとめると、以下のような感じになりました。

  • 移動中は「つながる」iPhone。
  • 滞在先では「移動オフィス」MacBook Air。
  • 用務先では、プレゼンにはMacBook Air、会議にはiPad。

今まで使ってきたスーツケースは、ソフトタイプかつPC用のスペースがないもの。かといってブリーフケースにiPadとMacBook Airを入れて行くのは重量的に躊躇がありました。

今回ハードタイプかつPC用スペースがあるスーツケースを手に入れたので、6月の出張では両方持って行こうと思っています。

 

Steve Jobs 1955-2011. 彼の人生はプレゼンテーションだった。

2011.10.7 4:54 Posted by Kazuo カテゴリ: Mac,日記

すでに国内のメディアでも多数取り上げられていてみなさんご存知だとは思いますが、Apple Inc.の創業者/前CEOのSteve Jobs氏が逝去しました。
(more…)

 

1 / 41234