ありがとう、S-MX。

2008.12.27 7:40 Posted by Kazuo カテゴリ: S-MX

12月12日の日記で書いた「大きな決断」ですが、実はこの度、長年乗ってきたS-MXを手放すことになりました。

我が家のS-MXは、1997年7月にワタクシのもとにやってきました。2000ccなのに4人乗り、イメージカラーは「売れない」と言われていたオレンジ、まるで切り妻のようなリヤデザイン、というB型ゴコロをくすぐってあまりあるほどの奇抜なクルマとして登場し、ワタクシは一気に魅了されてしまいました。

発表当時まだ学生だったワタクシは、就職して初給料から頭金を1ヶ月に10万ずつ、計40万円貯め(今は絶対無理!)、残りは親に借金をしてS-MXを手に入れました。それぐらい、ワタクシの心を鷲掴みにして離さない魅力を持っていました。

発売された頃のキャッチコピーは「恋愛仕様」。いかにも主役は運転席と助手席の2人という印象ですが、実はやたらと広い後部座席というのもワタクシが気に入った理由のひとつでした。座って足を組んでもまだまだ余裕ってクルマ、なかなかないですよね。

「恋愛仕様」というコピーの通り、奥さんと一緒に本当にあちこち行きました。中でも一番思い出深いのは、ワタクシの学部卒業記念という名目で行った「本土最南端 佐多岬を訪ねる車中泊の旅」。車中泊というとなんとなく寝苦しいイメージですが、S-MXのシートは正しくフルフラットになるので、2人ともシュラフにくるまって毎晩爆睡でした。

あと、時間だけはあった編入学浪人の年、高速道路を“ほぼ”使わずに1週間かけて東京の友人の家まで遊びに行ったり、そのまま長岡まで行ったり、長岡から1晩で帰ってきたり(!)。結局、走行距離は今月までに183,000kmになりました。我ながら本当によく走った。

長距離走ってもほとんど疲れないし、グッと踏めばホンダらしい加速を見せるかと思えば、のんびり走らせればリッター10kmの燃費を維持できる、そんなクルマとしての素性の良さも持ち合わせていました。

外見は、アルミホイール以外まったくのノーマルでしたが、オーディオだけはいじり倒しました。オーディオレス状態で購入して、ソニーばかり3機種のカーステを載せました(CDX-C6000、WX-C60MD、CDX-MP200X)。スピーカーは、今やカーオーディオから撤退したBOSE、しかも超マイナーなACS-7から始まり、ドアスピーカーに1060-IIを追加し、自分好みの音になるまで何度も場所を変えたり配線を変えたり。。。おかげで、S-MXのインパネやドアパネルは5分もあればバラせるほどになりました。

思い出のすべてを書けば本一冊はは軽く書ける自信がありますが、書けば書くほど泣けてくるので、残りはワタクシと家族の心にしまっておくことにします。機会があれば、新しいクルマの話と絡めつつ書いて行くつもりです。

買い替えまでの経緯と新しいクルマについては、また後日。

 

いよいよ、今日が最後です。今まで本当にありがとう、S-MX。

 

 

地球4周半。

2008.3.19 23:21 Posted by Kazuo カテゴリ: S-MX

20歳の夏にワタシのところにやってきたS-MX。本日めでたく走行距離が18万kmを突破しました。思い起こせば、本当にいろんなところに行きました。大学の卒業旅行もS-MXで車中泊三昧だったし、、、大きなトラブルもなく、よくがんばってくれています。18万kmを突破した我がS-MXのメーター。

18万kmを突破した我がS-MXのメーター

この間に起こったトラブルといえば、、、

  •  2年目:交差点のアイツにぶつける
  • これはショックでした、、、当時の日記はこちら。日記の文章も恥ずかしいな、、、

  • 3年目:パンク
  • わりと大きな道路の脇にあるモスバーガーでパンク。たまたま近くにカーショップがあったので、最悪の事態は免れました。交換ではなく修理で対応。

  • 4年目:パンク
  • というよりバースト。大変でした。写真はこちら

  • ?年目:ボンネットから煙
  • ラジエータ周りのプラスチック部品が溶けて、交差点の信号待ちでボンネットから煙出ました。このときは焦った。

  • ?年目:左フロントドア交換
  • 家族が四国に旅行に行くというので貸したら、旅行先で見事に事故って、左側全体的に激しく擦ったらしい。“らしい”というのは、ワタシはそれを見てないんです。旅行から帰ってそのまま修理屋さんに持って行ったそうで。相手がいた事故は、後にも先にもこの1回だけです。

んー、足掛け11年、これぐらいなら少ない方じゃないでしょうか?ハイブリッドや低排出ガスなクルマに乗るのはエコ。けど、1台のクルマを大事に乗るのもエコ。勝手にそう思いつつ、まだまだこれからもできるだけ長く付き合って行きたいと思います。

我が子が物事を覚えられる年になるまで乗れるといいんですけどねー。 

 

リモートコントロール。

2004.8.19 13:55 Posted by Kazuo カテゴリ: S-MX

クルマの話題が多くてすみません。

ワタクシが車を運転しているとき、欠かせないのは、音楽。少しでも(自分にとって)いい音で聴くために、自分なりにいろいろと機材を揃えていますが、音とは直接関係はない、けどものすごく重要なのが、このロータリーコマンダーです。

運転しながらカーオーディオの前面を見て操作する、という作業は、同時に2つのことをするのが苦手なワタクシのみならず、地味に煩雑な物。「えーっと、どのボタンを押せば、、、」なんて探してるうちに、時速60kmのクルマは1秒で16mも進んでしまいます。危ないですね。テレビみたいな普通のリモコンが付いたカーオーディオもありますが、あれも「リモコンどこだっけ?」と探してしまえば同じこと。

SONY独創の「ロータリーコマンダー」は、クルマのハンドルコラムに取り付けて、ワイパーなどのスイッチと同様にカーオーディオを操作するもの。これだと、ボタンの位置を覚えてしまえば、前方から視線をそらさずに済むワケです。超便利。

こないだまでは、SONY WX-C60MDに付いてきたRM-X4Sというワイヤードのタイプを使っていたのですが、WX-C60MDがR美のクルマに嫁いだので、ワイヤードはそちらに譲って、新しくワイヤレスのRM-X6Sを取り付けてみました。取り付け位置は敢えて右側。

IMG_8986.JPGカメラ不明。CONTAX U4R?

○な所は、RM-X4Sに比べて長さが短いので、他の操作の邪魔になりにくいこと。

×な所は、「SOUND」「DISPLAY」といったボタンが省略されてしまっていること。これは下調べ不足でした。けど、たしかにSOUNDとかDISPLAYは使用頻度が低い機能なので、おおむね良好です。

ところで、もうすぐ誕生日なのですが、今年もR美からちょっと早めの誕生日プレゼントをもらいました。ありがとう。

これは個人的にものすごくお気に入りなのです。誕生日がすぎたら改めてご紹介します。

ヤフオクで1200円。