Peugeot 307 Style ブレーキパッド交換。

2012.1.18 4:38 Posted by Kazuo カテゴリ: Peugeot 307 Style,RICOH GR DIGITAL 3

微速時にブレーキを踏んだときの「ズズー」という音がだんだん大きくなってきたので、307を購入したお店、プジョー熊本(アデルカーズ)に行って見てもらったら、フロントのブレーキパッドが交換時期に来ているとのこと。安全に関わるものなので、すぐに交換作業をしていただきました。

R1006279RICOH GR DIGITAL 3

作業終了後、洗車までしてもらってピカピカ!(^_^)
アデルカーズのみなさんありがとうございました!

R1006282RICOH GR DIGITAL 3

 

初の手洗い洗車。

2010.1.3 8:54 Posted by Kazuo カテゴリ: PENTAX K100D super,Peugeot 307 Style

納車時にコーティングしてもらっていたのにかまけて、洗車機ばかりで洗っていましたが、大晦日に気合を入れて洗いました。ワックス掛けなんて何年ぶりだろう…

おかげさまでピカピカになりました。時間切れで窓の撥水コートはまた次回。

IMGP6693

 

12ヶ月点検。

2009.12.14 20:04 Posted by Kazuo カテゴリ: Peugeot 307 Style

早いもので、307に乗り始めてからやがて1年。少し早めの法定12ヶ月点検を受けてきました。

結果は、特に問題なし。ブレーキパッドもバッテリーも残量OKとのことでした。一安心。

中古なので、不具合があったとしてももう出てしまっているのでしょう。前のオーナーさんはパーフェクトプロテクトプランだったそうなので。

それにしても、1年乗っても本当に楽しいクルマです。40km/hを超えてからのスムーズな加速、ビシッと思い通りに曲がるコーナリング、しなやかな乗り心地。おまけに家族で出掛けても余裕たっぷりのトランク。どれも素晴らしい。

次のクルマを選ぶのがまた大変になりそうです(^_^;)

 

307にリヤスピーカー設置。(その3)

2009.9.1 0:22 Posted by Kazuo カテゴリ: Peugeot 307 Style,Sound

さてさて、コードの色を間違うという初歩的なミスを冒しつつも、なんとか307にBOSE ACS-3を取り付けることができました。

BOSE ACS-3、Peugeot 307 Styleに取り付け完了!

感想は、、、まだよくわかりません!
というのも、取り付けて以来、娘を乗せてしか出掛けていないので、しっかり音量を上げることができずにいるんです。

けど、音量が小さいときでも、明らかに低音の量が増えたことは事実。娘もチャイルドシートから後ろを指差して「なんだろー?」と不思議がってました(苦笑)

しっかり聴くことができたら、またここで書いてみます。

今回はとりあえずウーハーもサテライトもトランクに置いてみましたが、サテライトの設置場所はいろいろ試してみようと思ってます。

 

307にリヤスピーカー設置。(その2)

2009.8.31 23:55 Posted by Kazuo カテゴリ: Peugeot 307 Style,Sound

前回の続きです。ヘッドユニットを取り外して、裏側にスピーカーケーブル 4S6Gを結線します。

こちらが、S-MXから移設した(ディーラーさんに移設してもらった)SONY CDX-MP200Xです。

CDX-MP200X

まずはフロントパネルを外します。そして、縁に付いているプラスチックのフレームも外します。うーん、殺風景。

フロントパネルを外したCDX-MP200X プラスチックのフレームを外したCDX-MP200X

307 Styleに付属してくる金具をヘッドユニットの左右に差し込むと、あるところで「カチッ」とはまります。そうすると金具を引っ張ればヘッドユニットが前に出てきます。

専用金具を左右に差し込みます。 金具を持って慎重に引っ張ります。

ある程度引き出すと金具が外れます。そこからは手で引っ張ればヘッドユニットが完全に出てきます。

ある程度引き出したら、後は手で引っ張れます。

ヘッドユニットと各種ケーブルを外した状態。今回は四角いコネクタから出ている“紫と緑”のコードに4S6Gを接続します。

ソニー用ハーネス、リモコンケーブル、AUX用RCAケーブル、アンテナケーブル

下の写真では、間違って灰色(グレー)のコードを握っています!これは、ワタクシの目では灰色と緑の区別がよくわからなかったから。。。orz

紫と緑のコードがリヤスピーカー出力です。(写真は間違って灰色のコードを持っています!)

“紫と緑”のコードを大胆かつ丁寧に切断します。

紫と緑のコードを大胆に切断。(写真は間違って灰色のコードを切っています!)

そこへ、トランクから取り回してきた4S6Gを引っ張り上げます。

トランクから取り回してきた4S6G。

4S6Gは4芯構造。一番外側の黒い皮膜、そして白系、赤系の4本の皮膜を剥きます。

4S6Gの皮膜を剥きます。 4S6Gには芯線が4本通っています。

赤系同士を撚って、プラス側に使います。同じく白系同士を撚って、マイナス側に使います。

赤系同士、白系同士を撚ります。 白系の方をマイナス側(紫、緑に黒線が入ったコード)に使います。(写真は間違って灰色を握っています!)

もう1本4S6Gを引き上げて、同じように紫のコードにも接続して、結線完了。(この時点で、まだ色の間違いには気づいていません!)

赤系の方をプラス側(紫、緑に黒線が入っていないコード)に使います。(写真は間違って灰色を握っています!) 同じように紫のコードと4S6Gを結線して、ビニールテープで保護。

切断して余ってしまった“紫と緑”のコードは、ショートなどしないようにビニールテープでまとめておきます。

カットした紫と灰色のコード。余った側はビニールテープで保護します。

さてさて、ヘッドユニットを元に戻して、音を出してみたら、、、フロント右が鳴ってない!
そう、「リヤ左=緑」を切るべきところを、「フロント右=灰色」を切ってしまっていたのです orz
この部分を正しく緑につなぎ直して、やっと完成。

肝心の効果のほどは、次の記事で。

 

1 / 3123