2015/11/04 出かける時はカメラ2台で2つの画角。

2015.11.5 0:46 Posted by Kazuo カテゴリ: 写真

PENTAX K100d Super というデジタル一眼レフカメラを持っています。一眼レフといえば、レンズを交換しながら撮影できるのが楽しみの一つ。ですが、外出先でレンズを交換する作業は、埃も気になって非常に気を使います。多くの場面で被写体はレンズ交換を待ってくれない。そうしている間に、シャッターチャンスを逃してしまいます。

なので、私は「画角の違う2台のカメラを持って行く」ことにしています。

一番よく使うのは、広角用(広く写る画角。ズームで言えば1倍。)にRICOH GR Digital III、中望遠用(やや狭い画角。ズーム倍率でいうと2倍程度。)にRICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO、という組み合わせ。

両方とも単焦点レンズなので、ズームレンズよりも高画質。そして、操作方法もほぼ同じ。

あるいは、昨日のサッカー大会では、ムービーも撮りたいので1台はハンディカム HDR-SR7。これには静止画撮影機能も付いていて広角側は賄えるので、もう1台は中望遠のレンズを付けた K100d Super。

広角は iPhone 6 で撮ると割り切って、中望遠用にGXR。奥さんが GR Digital III を持って行くのなら、私はGXR、なんてパターンもアリです。

IMG_8211.JPGiPhone 6

 

やっぱり中望遠が好き。

2014.12.14 22:54 Posted by Kazuo カテゴリ: 写真

先日参加した、都城での教員研修。テーマは「教員のプレゼンテーション技術の向上」でした。

プレゼンテーションのセミナーといえば「PowerPointの使い方」に終始するものも少なくないのですが、今回は「とにかく情報を集めてインプットを増やす」「伝わらなければ意味がない、伝えることがプレゼンの最重要目的」などなど、共感しまくりの濃い研修でした。

その中で印象的だったのは「写真の使い方」。講演された先生は、出向いた先で数GBもの写真を撮るとのこと。

私もGR DIGITALを毎日カバンには入れていますが、正直、出張先でもiPhone 6で済ませがちになっていました。

「目に入ったものに興味を持てる心」と「興味を持ったものにすぐカメラを向けられる体勢」の2つが揃うと、日常の中で撮る写真が増えてくる。

そう理解してはいつつも、出張先で写真撮る余裕ないよなぁ、荷物も減らしたいし、などと楽な方に傾いていたワタクシ。

研修から戻ってすぐに、通勤バッグをRICOH GXRやPENTAX K100D Superが入るものに替えました。

GXRのレンズユニットはGR LENS A12 50mm F2.5 MACRO。K100D Superに付けているレンズはFA50mmF1.4。どちらも、F値が低くて明るい単焦点。背景がボケて主役がビシッと写る、メリハリが魅力です。

何気ない寮の夕飯でもなんだか素敵に撮れる(苦笑)

R1034351.JPGRICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

中望遠は、やっぱり面白い。

IMGP1982.JPGPENTAX K100D Super + FA50mmF1.4

 

航空祭

2005.12.13 0:24 Posted by Kazuo カテゴリ: 写真,日記

先週の土曜日、航空自衛隊 新田原基地で開催された航空祭に行って参りました。

父親たちが毎年のように行くのを毎年のように見送っていたのですが、今年はルミも巻き込んで、父、母、ルミ、ワタクシで、いざ宮崎へ。

もうね、百聞は一見にしかずとはまさにこのことです。もんのすごい迫力。ほんの数百m先で展開される機動飛行、360度いっぱいの青空をキャンバスに一糸乱れぬ曲技飛行を披露してくれたブルーインパルス。頭をガーンと殴られたような衝撃、久しぶりでした。

言葉で説明するのは難しいので、せめて写真をご覧下さい。できれば動いている本物をみなさんに見ていただきたい。

新田原航空祭 2005 写真(Nikon D50)