座る位置で腕への荷重を微調整。

2017.5.4 8:12 Posted by Kazuo カテゴリ: キーボード

ピアノを弾くときは椅子には浅く座る、というのがセオリーで、ずっと意識してきました。

昨日、何気なく入った島村楽器で電子ピアノをいくつか試奏しました。練習ではないので、特に意識せずフワッと座ったら、意外にイイ。苦手意識のある「強弱の付け方」が、なんとなく普段よりできた気がしたのです。

早速、今朝の朝練で座り方を見直してみました。

従来の「とにかく浅く」を意識した着座位置。OnStageStands KT7800+ のおよそ前半分に座っています。

IMG_0286.JPG

今回見直した「腕に荷重がかかり過ぎない」ことを意識した着座位置。同じくKT7800+のおよそ2/3ぐらいに座っています。

IMG_0287.JPG

後者の方が、肩から腕、手首の自由度が明らかに高く、ソフトな打鍵も比較的楽にできるようになりました。

「浅く座る」というセオリー、実はパソコンのタッチタイピングでも同じで、子らに教えるときも必ず「まずは浅く座るのだ」と云います。

タッチタイピングを先に習得していた私は、ピアノでも「浅く」「背筋を伸ばして」という姿勢を意識しすぎていたのかもしれません。

タイピングは「打った/打ってない」の2つが判定されるだけなので、手先が動けばいい。

ピアノ/キーボードではpppからfffまでの強弱、スタッカートやアクセントなど、奥行き方向の力をコントロールするために、指先から腕、肩、首、背中まで自由に動けるようにしておくのが大事。

その支点となるのが腰の位置が数cm変わるだけでこんなに違うのかと、また目から鱗が落ちました。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment