ようこそ、Peugeot 1007

2007.3.26 1:20 Posted by admin カテゴリ: Peugeot 1007,日記

まずは、能登沖地震の被害に遭われたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

 昨日のエントリに書いた通り、我が家の新しい仲間を迎えに、BLUE LION 熊本に行ってきた。 そう、新しい仲間とは、Peugeot 1007。3月3日に、街で赤い1007を見かけて、ディーラーで試乗して、購入、納車までわずか3週間(笑) 奥さん共々、以前から「いつかはプジョーに乗りたいね」と話していて、早くも実現しちゃった。 もちろん、これから遥かなる支払いの月日が始まりますが。。。

今日は、晴れ時々曇りという微妙な予報だったけど、約束の11時には見事に晴れた。バンザイ! タコマイエローも鮮やかに見える。前出の素敵な店員さんからひとしきり説明を受けて、ふむふむと納得。

店員の方々に見送られ、2トロニックという(日本では)特殊なトランスミッションに戸惑いつつ、まずはお祓いをしてもらうために神社へ。 ここで、神主さんから初めてのコメントをいただいた。「外車ですか?デザインがいいですねー。あ、プジョーですか、走りもよかでしょ?」

ワタクシと奥さん、そして1007もしっかり清めていただいて、いよいよ初ドライブへ。ハイオク満タンで準備も万端。試乗で確認してはいたけど、やっぱり、いい。加速、乗り心地、ハンドリング、手や足から伝わってくるすべてが心地よかった。両側電動スライドドアも、抜群。ちょっと離れた所から、リモコンでドアを開けると、車に近づく頃には全開になっていて、そのまま乗り込める。この感じは、実際に使ってみないと味わえないと思う。荷物で手が塞がっていても余裕。

2トロニックには慣れが必要。トルクコンバータ(トルコン)式オートマとは違って、ブレーキから足を離しただけでは前にも後ろにも進まない。 わずかでも上り坂だと、発進のときには坂道発進の手順を踏む必要あり。一方で、マニュアル車のクラッチを自動制御しているだけなので、オートマのようにエンジンのパワーをロスすることがなく、1400ccのエンジンでもスルスルっと加速して気持ちいい。

ワタクシと奥さんの両親にもお披露目を済ませて、無事帰宅。オレンジのS-MXの横に並んだ黄色の1007。派手だなぁ(苦笑)

2台で仲良くやってくれるといいな。

1件のコメント »

  1. 早速、僕もお伺いさせていただきます!
    黄色い1007と青い307なんですね。
    しかもお隣の県にお住まいですか!!
    僕も以前は宮崎でプジョー屋に勤務していました。
    ラテンクルマはやめられません。
    乱文ですが、これからもよろしくお願いします!

    Comment by yusuke — 2009.7.7 @ 0:11

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment