のんびりお盆休み。

2017.8.15 0:31 Posted by Kazuo カテゴリ: 日記

毎年のことですが、我が家は夫婦ともに実家が近いので、いわゆる帰省ラッシュとは無縁。今年も子らだけ先に泊まりに行って、夫婦でゆっくりすごしています。

数日間のんびりすごしてみると、じわじわと身体に疲れが溜まっていたんだなと実感します。たっぷり眠って足の疼きも治まり、なかなか開けなかった教則本のページを進めることができたり。

休むって、大事ですね。

R1037554.JPG

 

息子とサンセットツーリング。

2017.8.12 23:54 Posted by Kazuo カテゴリ: Vespa GTS250ie

と書くと大げさですが、夕方から夜にかけて、息子と2人でGTS250ieに乗って出かけてきました。

まずは、GTS250ie を購入したディーラーさんまで、およそ30分。

GTS250ie には買う前からETC車載器が付いていたんですが、ナンバー情報などの再セットアップが済んでいなかったそうで、作業をお願いしました。

約30分の作業を待っている間どうしようかと、店の近くを歩いていると、バッティングセンターらしき緑色のネットが見えてきたので、行ってみることに。

IMG_1289.JPG

ここにはキックターゲットもあって、息子も気に入った様子。また行ってみようと思います。

無事作業が終わり、次は忘れ物を取りに職場へ、およそ25分。少し休憩して、再びファミレスまでおよそ30分走って、ここで夕飯。

R1037544.JPG

いつもの唐揚げ定食を食べながら息子に聞いてみると、バイクに乗るのは楽しい、と云います。たしかに、息子を乗せているので極端に穏やかな運転をしているにも関わらず、なんか、楽しいんですよね。

娘も「バイクでどこかに行きたい!」と云うし、彼らにとってはアトラクション的な楽しさがあるのかもしれません。

陽も落ちて涼しくなったので、10分ほど足を伸ばして近所のプチ夜景スポットに。しかし、綺麗な街灯りをよそに、息子は静かな夜の葉音が怖くてビビってました(苦笑)

家を出て5時間、無事帰宅。距離的にはそう長くなかったものの、息子には立派な初ツーリング体験になったようです。そして、それは私にとっても同じ。

GTS250ie の購入を決めて以来、ツーリングにも興味は湧くものの、「何を目的に?」とか「どうやって行き先を決めるの?」とか、正直よく掴めませんでした。けれど、今日こうやって出かけてみると、「なんとなく走りたい」という理由さえあれば、行き先はそんなに深く考えなくても「なんとなく行きたいところ」を選べばいいのかな、と。

早速、次に出かけるのが楽しみになってきました。

IMG_1297.JPG

 

メロディオン(SUZUKI M-37)を弾いているとたまらなく気持ちいい件。

2017.8.7 22:14 Posted by Kazuo カテゴリ: キーボード

小学校が夏休みに入って、子らが学校から持ち帰った鍵盤ハーモニカを弾いていました。なんでも、娘は器楽部でアコーディオンをやっていて、家では鍵盤ハーモニカで練習しているものの、音楽の授業で使っている32鍵のものでは音域が足りないのだと云います。

善は急げ。何を隠そう、前々が私も弾いてみたいと思っていたのです。自分が始めるなら、最初はやっすい中古でいいと思っていたので、以前から目をつけていた37鍵のものをメルカリで購入。届いてみたら思いのほか美品でラッキーでした。

R1037532.JPG

さすがに唄口ホースは新品を調達。

R1037540.JPG

スズキのメロディオンにもいくつか種類がありますが、このM-37はプロ用の「Pro-37」のひとつ下という位置づけ。子らが使っている児童向けのものと比べて、鍵盤の数だけでなく音の響きやキータッチがそこはかとなく良いのです。

単音でメロディを歌うように弾くと、地声では絶対に出ない音域まで出せるし、まるで声量が大きくなったようで爽快。和音を弾けば、場所によっては複雑な倍音が出てものすごく気持ちいい。

これは、いけないものを手に入れてしまったのかもしれません。

R1037538.JPG

 

Vespa GTS250ie 初洗車とミラー調整。

2017.8.6 23:19 Posted by Kazuo カテゴリ: Vespa GTS250ie

1週間前のことですが、GTS250ieを初めて洗いました。フレーム構造にプラスチックの外装が使われる多くの国産スクーターと違って、Vespaのバイクはすべてスチールモノコック構造。カニやエビのように骨がなくて殻でできているという感じです。

外装がスチールなので、洗車はクルマと同じよう方法でいいはず。プラスチックのように洗車による擦り傷に過敏にならなくてもいいのはありがたいです。

しかしながら、Vespaならではの要注意ポイントがココ。

IMG_1162.JPG

ステップの溝が水たまりに。しかも、ハンドルやグローブボックス周りから垂れてきた水が、拭いても拭いてもいつの間にか溜まってしまうんです。うっかり放置すると水アカが残ってしまう(熊本の水はミネラル豊富だから?)ので、なくなるまで数回は拭いたと思います。

洗ったついでに、ミラーの微調整。素の状態ではスパナが噛まないので、六角レンチでカバーを外します。

IMG_1164.JPG

このカバーがあることで、ブレーキフルードの確認窓の劣化も防いでくれそうです。

ミラーはやや外向きすぎだったので、ギリギリ自分の二の腕が写り込まないぐらいに調整。

IMG_1165.JPG

シートが乾いた頃合いで、レザークリーナーで拭き上げます。

IMG_1167.JPG

1時間ほどの作業でピカピカになりました。

洗車をすると必然的にクルマやバイクをまじまじと見ることになるので、小さな異変にも気付くことができます。自然と身体を動かすことにもなるし、気持ちいいです。

IMG_1169.JPG

 

Vespa GTS250ie サイドバンパーのガタつきを補強。

16:17 Posted by Kazuo カテゴリ: Vespa GTS250ie,日記

納車されて3週間。走っていて段差を乗り越えるときにガラガラと音がするので、調べてみたらどうもココでした。

IMG_1249.JPG

Vespaではわりとポピュラーなオプション、サイドバンパーです。日本より圧倒的な数のVespaが走っているベトナムでは、こんな感じ。

IMG_2624.JPG

IMG_2621.JPG

どんなボディカラーにもシルバーが合いますね。

取付部分のネジを増し締めしても変わらなかったので、ステンレスワイヤーで補強したら収まりました。

IMG_1251.JPG

 

1 / 10512345...102030...最後 »